ディスク大会
5月21日(土)
父ちゃんが帰宅次第大分県日田市に向けて出発
本日から大会参加組と合流
だだっ広い公園でテントサイトもあり
なかなか良い感じ♪
しかし、良い感じじゃないことがある
父ちゃんのぎっくり腰(-_-;)
もともと持病的で数年前も寝込んだ
ここ数日どーも調子が悪い・・・。
おまけにポツポツ雨
それでも美味しいモノを沢山頂き
みんながまだまだ賑やかな最中に
早寝早起きの我が家は
付き合い悪く先に寝る(爆)

テントは懸賞当選品の大人2人が遠慮しぃしぃ
眠れるサイズに家族4人(爆)
奥(ほぼ真ん中)に父ちゃん
父ちゃんと私の間足下にビー
私の枕元にジョン狭い狭い
朝方目が覚めたらおでこにジョンの足が
ペッタリとくっついていた〜〜〜

5月22日(日)
いつもの時間に目覚めて散策散歩
テントサイトの先には大きな池
回りをビーは嬉しそうに猛ダッシュ

そして水音に振り返れば・・・・
馬鹿たれビーはお腹まで入水
雨だぞ!
寒いぞ!
おまけに
大会用のお揃いユニフォームだぞ!
(T^T)
すぐに逮捕して水道へ

だんだんひどくなってくる雨の中
のんびりと食事を取って
テントを片付けて
気がついたっ
私たち参加のショートディスタンスは
最初のゲームで6番目が出番
大あわてで会場いり
話すまもなく順番が来た
心の準備も何もない
雨で濡れたディスクは滑るのに
ジャケットに入れた軍手を持つのも忘れた・・
デジカメを父ちゃんに渡す余裕なんてなかった(爆)

★ショートディスタンス(1R)★
1投目はどうにかまともなスロー
ビーは当然キャッチした
2投目も無事なスロー
飛距離も伸びた
キャッチしやすいスローで
ビーも難なくキャッチ
3投目大きく左に飛びコースアウト
焦りが出た結果
4投目は地面直滑降
ビーもキャッチなんて出来るわけがない
ビーはキャッチすれば後ろに控える
父ちゃんとジョンに自慢しに行く
私がミスしたら言いつけに行く
ちゃんと見ているんだからいちいち行かなくていいのに・・・
時間が惜しい(;^_^A アセアセ…


ちょっと落ち込みながらタープ設営
ジョン用のハーフテントも作る
雨は降り続き冷え込んでくる
やっと落ち着いたところで
3ゲーム目のゲームが始まる
ジョンと私の出番は13番目
ジョンは参加2回目にしてこれが引退記念参加
右足の歩行困難があるので
ギリギリまで様子を見たが大丈夫な感じだったので
遊ぶつもりで出場

★キャッチ&レトリーブ(1R)★
とにかくキャッチさえしてくれれば
戻ってこなくても逃げるジョンを追いかけて
楽しく走り回れればと思っていた
ボールを返したくないから絶対に戻ってこない
多分、座り心地の良い場所を探して
寝転がるはず!と確信していた
ところが
ジョンはちゃんと戻ってきた

ボールもいつものようにがっぷりくわえて離さないのではなく
軽くくわえているので引っ張れば取れた
投げた、また戻ってきたジョン
どーした?これが最後と解っているように・・・

父ちゃんは寒さと腰の不調で
ビーが出場の後方控え以外は
ジョンテントで転がっていた


★ショートディスタンス(2R)★

1回目スロー成功

キャッチして軽々戻ってくるビー

戻ってくるのは良いが毎回毎回
私を通り越し写真左隅に控える
ジョンや父ちゃんのソバに行き
いることを確認して私の所に戻り
ディスクを落とす私は焦る・・・
3〜4回目のスローは
コースアウトと最悪スローで
駄目じゃん(自爆)


★キャッチ&レトリーブ(2R)★

一度は追いかけるが後は引き出せば
取れる軽いボールのくわえ方で
3回も走ってくれたジョン
めちゃくちゃ嬉しい!

そしてゲーム終了

ショートディスタンス(ビー)
1R 小計10 合計 18
2R 小計 8
キャッチ&レトリーブ(ジョン)
1R 小計 6 合計 13
2R 小計 7


なーんだか
いつになくあっさりサッパリとした報告です(笑)
今回生まれ出た課題
何をどうカバーしても
避けられない私のミススロー
安定しないスロー
参加者は今まで参加してきた中で一番少なかった
けれど・・・レベルは高かった
最高点数が62点とか
信じられない(;^_^A アセアセ…
まだまだ修行が足りませぬ
ビーもあと2年はディスク大丈夫でしょうし
いっちょ気合いを入れて練習するかっ!

そしてジョン・・・
本当に今回は素晴らしかった!
もう大会に出ることもなく
ステージママとしてゆったりと
応援団に徹して貰いますが
今日にジョンは親ばかながら
私には満足な頑張りでした

お疲れ様
最後に有難うね
やっぱり
ジョンはやるときにはやる
私のジョンでした!

最後に記念写真

吠え吠え馬鹿ちんコンビ

血の繋がらないお利口息子玲雄と・・

初参加チームと
SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー